言霊百神

2016年12月21日

12月23日、古い太陽の黄泉還りを見送り、新生太陽の蘇えりをお迎えする会

新生太陽をお迎えする聖なるまつり。迎日祭

古代から続く世界的なまつりで「冬至祭」と
言われています。

新生太陽のお迎えは
各人、古代文字で書をしたためますので
筆と墨をお持ちの方は
ご持参ください。

群馬の小淵明美さんの自然栽培米(もち米)で
お餅をこしらえます。

冬至祭ですから
かぼちゃでのおもてなしとなります。

午前は、10時30分より
古事記編纂1300年紀記念
伊勢神宮奉納文の中の
稗田阿禮・太安麻呂・舎人親王の
奉納文「ヤマトたける物語」の
朗読劇の鑑賞となります。

11時過ぎからは
不労所得獲得術その1、の情報共有と
なります。

13時から
ことだま百神のワーク

会場を移して
全員で書を大書します。
(撮影会を兼ねます)

14時45分からは

Sei&Utidaのリサイタルとなります。

会場は、横浜市港北区樽町2-13-1
シアターミスマル(大綱会館1階左)

最寄駅:東横線綱島駅下車、大綱橋渡ったところ(右)。
会費3000円
080-6775-7945 おおした
おおした

posted by 大下伸悦 at 12:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする