言霊百神

2013年09月27日

創造意識


という字に羽をつけると

という字になる。

くろう

くふう

なる。

苦労
は、ベーター波領域の
思考い(バイブレーション)
の環境に生きること。

工夫(創造)
は、
アルファ波領域の
成長環境と、
シーター波領域の
創造環境に
生きること。

恐れ
もベーター波 領域の
思いですが、崩壊系の
ベクトルを取ります。

日常を恐れとともに
生きるということは
死に急ぐことを
意味します。

いまというときを
怯え続けて
崩壊のベクトルを
辿るのですか?

怒りも同じです。

頑張る?

工夫無き頑張りは
病いへのベクトルを
辿ります。

創意識造が
あなたの本質です。

例えば
農業はきつい、きたない
のてすか。
赤字で苦しい、ですって?

くろうに
翼をつければ

農業ほど遣り甲斐があって、
みんなを健康にして、
家族健康にして、
生活が安定するのては
ないですか。

大下

ーーーーーー


10月は中村仁一先生に
学ぶことができる。

中村仁一先生は、髪は白いが
尊敬できる赤ひげ先生である。

中村仁一先生との出会いは、
何ものかが生(な)したのかは
知らねども、大きな宝ものと
なった。

ひとの日常は、「真・善・美」とともに
あるものなのだが、
多くのひとは、情報をコントロールする
者どもによって
醜悪な怒りと無力感の奴隷に生きる。

ひとは「死なない」
空に死はない。天(空)に戻るのみ。
「主」に戻るのみなのだから、
肉体を手放すときに
紡がれる素敵な物語こそ、
貴重なものなのである。


中村仁一先生は、医療現場を
なによりも大事になさる。

その中村先生と私の講演は
10月13日(日)
「幸塾オータムミーティング」

会場は、9月と同じ東京銀座の「銀座会議室」です。


※中村先生の著書はことごとくベストセラー。


「大往生したけりゃ 医療とかかわるな」
幻冬舎新書

ガンは構わなければ痛まないし、長生きできる。

他の病気や怪我で死ぬよりガンで死ぬのがいい。

生前のことを整理してから逝ける。
思いでの品を一つ一つなつかしみながら
形見分けをして、思い残すことなく手配して
それから静かに逝くことができる。


私の話は楽しい食と職、笑いが
あって頭脳明晰になる話。

おお、こ、これが噂のニンジン!!
の体験ができるかも・・・

会場は銀座会議室
13時00開場


−−−−−−−−−−−−−−−−

◎1月恒例の新春の集い.(2014年第16回新春の集い)

1月11日、内海聡先生、飛谷ゆみ子先生、大下伸悦
       もうおひとりは人選中。
       会場:東京青山ウィメンズプラザ

尚、1月12日神戸は、会場:サラシャンティ
            内海聡先生、大下伸悦

大阪新春の集い…1月13日、内海聡先生、大下伸悦、
            もうおひとり人選中
            会場はエル大阪200人会場。(確定済)
            (2月のクレオ大阪/西はありません)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ベランダでジャガイモ40キロがとれるって?
まあ、その半分ぐらいでも
十分ビックリ現象ですよね。
http://gopcolumn.seesaa.net/

大下
posted by 大下伸悦 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする